ご協力声優さんインタビュー☆13

こんにちは!

今回はインタビューというよりも、またまた「反省会」です。

「千之助と妖怪百物語 第20話」についての裏話的なものとなります!

20話は声優さんを募集せずに、田中の声と、音声合成フリーソフト「SofTalk」を使用しました!

船乗り三名は音声合成ソフトです。
今回初めて使ってみました!

なかなか便利だなーと思いつつも、やはり「自然さ」を求めるとなると、少し物足りない部分もありました(^-^;
しかしながら、ちゃんと自然に聞こえるセリフもあり、時代の進歩はすごいなーと思うばかりです。

しかも、有料ソフトになるともっと細かい設定を駆使して、より人に近い、自然な音声になるとのこと!
す、すごい……。

でも、よっぽどのことがない限り、できるだけ声優さんを募集してお願いしたいなぁ。
今回の船乗りに関しては、「男性声優3名または3役」を募集するのは難しいと判断したためと、音声合成ソフトへの挑戦も考え、こういう結果になりました。

船幽霊に関しては、なんせセリフが「ひしゃくをくれー」だけですからねぇ。
これを誰かに頼むのはさすがに忍びないですから……。

(動画内では聞き取りづらくなってましたが、船幽霊は終始「ひしゃくをくれー」と繰り返しています)

船幽霊は、田中の声を色々と収録し、さまざまに加工してみました。
編集していた八代が「(ずっと聞いてると)なんか具合悪くなるわ」とウンザリしてました。

この回は、【不気味さへの挑戦】というテーマで作ってみました。
音声加工はもとより、エフェクトにも力を入れました。
いかがでしたでしょうか。

いつもより短めに作ったのですが、いつも通り編集に時間がかかりました。
うーむ、もっと素早くやりたいものです。

ちなみにですが、船幽霊のやり過ごし方ですが、伝統的に「穴の開いたひしゃくを与える」だそうです。
この伝承に則ったストーリーにしましたが、今後もこういった伝承・伝統を踏まえたお話を作りたいですね。

反省会は以上です!

さあ、次の作品に取り掛かりましょう!
次からはまた声優さんを募集しますよー(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする